PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

橋本健元市議が書類送検へ。地方議員の給与の実態は。

   

Pocket

今井絵理子氏との不倫疑惑で話題となった橋本健元市議ですが、どうや

ら兵庫県警は書類送検する方向を固めたとしています。

 

橋本健元市議が書類送検へ。

昨2017年8月に政務活動費の不正受給疑惑により神戸市議を辞職した橋

本健氏ですが、兵庫県警は近く詐欺容疑で神戸地検に書類送検する方針

を固め、さらに兵庫県警は起訴を求める「厳重処分」の意見をつける方

針だとしています。

広告

橋本健氏は取り調べでは「他の議員からこうやって使うと聞いた。政務調

査に限らず、政治活動に使っていいと思っていた」と話しており概ね容疑

を認めた形です。おそらく警察には「他の議員」の事も話しているのでし

ょう。

 

書類送検の内容は

送検容疑は2010〜14年、印刷業者に架空の領収書を発行させるな

どの手口で、計約1千万円の政活費を詐取したというもの。神戸市議会

が昨年9月、うち約900万円の容疑で県警に刑事告発し、橋本氏は告

発分を市に返還していた。

以上。朝日新聞ソース。

 

となっていて橋本健氏は告発された分に関しては市に返還をしたものの、

兵庫県警がは起訴を求める「厳重処分」の意見をつけるなどしているとこ

ろに不正受給の深刻さがうかがえます。今現在は歯科医を再開していると

していて、車も高級車を売却したとしており経済的にはひっ迫した状況の

ようにも思えるのですが、今後は慰謝料なども発生する可能性もありまだ

まだ橋本健氏に安定した生活は望めなさそうです。

広告

月に5日出勤で報酬が62万1千円。

あの元兵庫県議会議員の一件をきっかけに、地方議員の不正等に目が向け

られるようになったのですが、地方議員の仕事は「NHKから国民を守る

党」の代表として2017年11月に葛飾区議選で当選した立花孝志氏いわく

「地方議員は、そりゃあもうオイシイ仕事ですよ!」なのだそうです。

 

立花孝志氏が所属する葛飾区議会は定例会は年に4回あり、会期は2016年

度で106日なのだそうですが、これはすべてでなければいけないわけでは

ないようで、絶対に出席しなければならないのは年間30日から40日程度だ

としていて、出勤時間は1~2時間で、最長でも6時間ぐらいだとしてい

ます。

 

その上で立花孝志氏は

「当選した翌月の昨年12月は出勤5日間で、報酬は62万1千円。

税金は引かれますが、年3回の期末手当(ボーナス)もあるので年

収は約1100万円になる計算です。葛飾区議の場合、プラス政務

活動費が月額ひとり当たり最高18万円支払われます」

以上。週プレNEWSソース。

 

だそうです。年収が約1100万円になるというのはすごい話です。もち

ろん選挙があるので収入が安定しているわけではないのでしょうが、そ

れでも何回も当選している人だとこれらの年収でかなりいい立場なので

しょう。もちろん立花孝志氏もその一人ですが。

広告

 - 事件, 芸能