PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

半沢直樹のドラマ続編に暗雲が。高視聴率等の影響で原作の続きが見れない?

   

Pocket

半沢直樹終了から4年が経つのですが、未だに続編の可能性の話は聞かれ

ません。続編の可能性を阻んでいるものは何なのでしょうか?

 

半沢直樹の続編に暗雲が。

TBSの悲願ともいえるドラマ『半沢直樹』の続編の実現が困難な状況なりつ

つあるというのです。TBSとしてはなんとか続編にと考えているところなの

でしょうが実現が厳しいとなるとTBSにとっては何ともショックな話なので

すが、全話平均は28.7%を記録した半沢直樹の続編をと堺雅人にオファーを

出したものの当時は「役のイメージがつくのが好ましくない」として断って

いました。

広告

2013年の大ヒットから4年・・・そろそろといきたいのでしょうが、どう

も映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』がヒットしている事が影響している

ようでそうなるとドラマ出演は控えざるを得なくなる事が予想されます。

 

『DESTINY 鎌倉ものがたり』の興行収入ですが

第1週の「週末観客動員数ランキング」は2位で、週末の2日間で23万1,

500人を動員し、2億9,700万円の興行収入をあげるヒットとなった。第

1週の「週間観客動員数ランキング」(9日~15日)では堂々の首位に立

ち、第2週の「週末観客動員数ランキング」でも4位と好調な動員ぶりを

見せている。

以上。日刊サイゾーソース。

 

しかも半沢直樹の場合は当然視聴率を求められるので、結果が出なかった

場合のリスクを考えると、堺雅人にとってはなかなか続編を積極的には考

えにくい環境にあるようです。

広告

続編にはリスクが?

出演者から続編に出演する場合、イメージや役者の格などのリスクがあ

る他に製作側にも続編に関するリスクが存在します。俳優・女優の場合

一回演じきった役を再び演じるのは難しい考えるようで、それだった新

たな役をしたいと思う人は多いとしてます。

製作側から見た場合

プロデューサーは、「続編を作れば、ある程度の結果は得られる」と

わかっていても、「だからといって、すぐに作ろうとは思わない」と

いう慎重な人がほとんど。(中略)最も続編に否定的なのは脚本家。

手掛けたドラマは「自分の子ども」というほど思い入れがあり、「無

理に続編を作って、子どもの評価を落としたくない」「よほど納得で

きるものが構想できなければやりたくない」と思っているのです。

以上。東洋経済ソース。

 

本当に続編をしたいのであれば、出演者と製作側の一致がなければ無理と

いう事なのでしょう。単に高視聴率ならば続編も作りやすかったかもしれ

ませんが、超高視聴率番組だと視聴率の高さが結果的に続編制作の心理的

ハードルを上げてしまったのでしょう。

 

半沢直樹の続編の可能性に関しては原作に続きがある事と、ドラマで続編

を含ませた終わり方をしているので可能性はあるのでしょうが、今の現状

を見る限りでは半沢直樹の続編は1,2年先ではもう少し後の話なのかもし

れません。

広告

 - 芸能 , ,