PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

セス・フランコフを阪神が獲得か。マイナー、メジャーでの投手成績は

   

Pocket

阪神が韓国プロ野球で最多勝となったセス・フランコフ投手に乗り出す

かもしれません。

 

当初阪神では先発左腕を中心獲得を目指す方針だったようですが、球団

幹部は右の先発でもいいのではという話になっていると話しているとい

う事です。

 

セス・フランコフはどのような投手か?

セス・フランコフは1988年8月37生まれのノースカロライナ州出身。

オークランドアスレチックスにドラフト27位(全体で815番目)で

指名されています。

 

右投右打で球種はシンカーが約51%、スライダーが約32%、カーブ

が14%、ストレートが約2%の割合で投げていて、球速は約147km

となっています。

広告

セス・フランコフのマイナー・メジャーリーグ時代の成績は?

マイナー成績

レベル試合イニング防御率奪三振率与四球率
Rk (2年)113333 2/32.1412.34.01
A-(2年)21951032.628.213.50
A(2年)41581165.517.043.79
A+(1年)4820742.8011.262.78
AA(3年)8657144 1/33.439.672.49
AAA(4年)593101654.478.273.70
計8年2662733636   3.818.923.32

 

セス・フランコフは2010年にルーキーリーグからスタートしました。キ

ャリア開始から2年目までは主に先発で出場していて、三振を多く取って

います。防御率も比較的安定しており、四球が少し多い程度でした。

 

2012年になり一部先発で登板してからは中継ぎでの出番が主となります。

奪三振が多く四球も少なくAAクラスでは安定した数字を残しているので

すがAAAに上がると壁にあたったのか、あまり本来の力は発揮できていま

せん。

 

その事もあってか2016年から再び先発で起用される事が多くなっています。

広告

メジャー成績

年度チーム試合イニング防御率奪三振率与四球率
2017カブス1012   9.009.000.00

 

2017年はメジャーに昇格して先発で1試合登板しました。奪三振率の数字

が三振を多くとる投手としての痕跡を残しています。

 

 

エラーはマイナー通算で10個となっています。阪神では先発で起用

する事を想定しているようですが、中継ぎ経験も豊富とあって場合

によっては方針転換もできるというありがたい存在なのかもしれま

せん。

広告

 - 野球 , , , , ,