PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

阪神がラファエル・ドリスを獲得か?マイナー・メジャーでの投手成績は?

   

Pocket

阪神タイガースがデトロイト・タイガース所属のラファエル・ドリ

ス投手の獲得を目指しているという事です。

最速156キロを投げ、長身という事で角度のある速球が投げられると

いうのですが、果たして活躍できるのでしょうか?

広告

ラファエル・ドリスはどんな投手なのか?

ラファエル・ドリスは1988年2月10日生まれでもうすぐ

28歳になります。ドミニカ出身。

身長195cmの95キロで2006年にキャリアをスタートさせ

ました。5年間はマイナー暮らしでしたが、2011年にAAA

を経験せずにメジャーに昇格し、シカゴ・カブスで1試合だ

け投げました。

その後2013年まで3年連続でメジャーで投げていましたが、

ここ2年間はメジャー登板はなくAAAに所属していました。

球種はほぼストレートとスライダーで割合としては、ストレート

が85%でスライダーが15%ほどの割合となっています。

Rafael_Dolis

 

マイナー時代の成績はどうだったのか?

—————-試合 勝     敗     セーブ      防御率       奪三振率   与四球率

Rk (3年)         21     1      3           0           7.15          10.59         5.03

A (2年)            7      3     1           0           1.80            7.20         5.10

A+ (2年)        41     7     14          0           3.42            6.47         4.37

AA (3年)        65    13      9          5            3.53           6.58          4.29

AAA (4年)      72      8      6         17           4.92           7.89          5.38

合計             206    32   33          22           3.94           7.16          4.67

キャリア開始当初は先発での起用が主でしたが、2011年以降は中継ぎや

抑えに転向しています。今の時代は投手の分業制が常識となっています

ので、なかなか先発完投とはいかないのですが、その事情を差し引いて

も先発時代は完投が1試合もありませんでした。

このマイナー9年間で注目すべきは、与四球率の多さでしょうか?9イニ

ングあたりの四球率が全体では4.67ですが、AAAでは5.38とかなり多い

数値になっています。

4.67自体かなり多いのですが、先発から中継ぎに回ったのも元々のコン

トロールが良くなかったからなのか、それともスタミナ切れでコントロ

ールの精度が落ちていったからなのか・・・、おそらくは前者だと思い

ます。

というのも、AAA時代は1試合も先発をしていないにも関わらず5.38の

与四球率ですからこれはもう元々のコントロールが良くないと考えるの

が自然でしょう。

ただ、驚くべき点もあり9イニングあたりの被ホームラン率が0.35と極

端に低い事です。ほぼ3試合分まるまる投げて1本打たれるかどうかとい

うぐらいの割合で、マイナー通算461イニングを投げ被本塁打が18とい

うのは、脅威の数字という他ありません。

広告

では、メジャーでの成績は?

——–          試合   勝   敗   防御率   奪三振率   与四球率

MLB(2年)    40       2      4      5.52          5.11          5.32

メジャー2年間の成績ですが、相変わらず四球率の多さは健在です。

で、奪三振率と与四球率を見比べて欲しいのですが、与四球率が上

回っている点です。

これは何を指しているかと言いますと、メジャー通算で奪った三振

よりも与えた四球の方が多いという事です・・・。

これは、先発であろうと抑えであろうと深刻な数値です。奪三振率は

5.11で三振は期待できず、与四球率が相変わらずの多さなのですから

現地点では期待は薄かな・・・と感じてしまいます。

ここ2年間のマイナー成績でも奪三振率は8以上と三振は取っているほう

ではありますが、与四球率は相変わらずの5.5以上という事で、阪神とす

ればかなりガマンの起用となる可能性が高いです。

ちなみにメジャーでの被本塁打率ですが、1.00と低い方ではありますが、

マイナー時代の脅威さは無くなっています。

 

27歳という事で阪神として見れば、コントロールは矯正可能と見ている

かもしれませんが、過去の阪神の外国人選手の対応を見る限り扱いがう

まくいくはどうかは未知数としか言いようがありません。

広告

 - 野球 , , , ,