PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

呉昇桓が賭博容疑を一部認める?阪神は新たな抑え候補と交渉か?

   

Pocket

阪神に所属していた呉昇桓が韓国での賭博容疑で事情聴取を

受けたとされ、阪神球団は身動きが取れない状態となってい

ます。

阪神は呉昇桓側の代理人から謝罪があったとしていますが今

後呉昇桓はどうなっていくのでしょうか?

広告

韓国のメディアは呉昇桓が一部容疑を認めたと報道

韓国のメディアは今回の呉昇桓の賭博疑惑について一部認めた

との報道があります。

呉昇桓は検察調査で、概ね容疑を認めながらも、賭博金額につ

いては一部否定する趣旨で答えたことがわかった。

以上。WoW!Korea ソース。

これだと、賭博自体は認めたという事にはなりますが・・・

検察側は、マカオで賭場を営んでいた39歳の暴力団員=逮捕・起

訴済み=から「呉昇桓選手が海外のカジノで賭博をした」との供

述を得たという。

今回の呉昇桓の件を受け、阪神側は状況の推移を見守るとしな

がらも、阪神の四藤慶一郎球団社長は交渉を打ち切る可能性も

考えているとし、リスクを背負う事はできないとして新たなス

トッパー捜しを検討しているようです。

候補としては、マイナーのマイケル・クレト、前広島のデュアン

テ・ヒース、ヤクルト退団が決定的なトニー・バーネットの名前

が挙がっています。

そしてその判断基準を在宅起訴などの司法判断があるかどう

かで決めるとしています。

 

事実だった場合呉昇桓は来季野球ができるのか?

先程も少し触れましたが、もし容疑が事実だった場合は呉昇桓は来

季野球ができるのでしょうか?

呉昇桓の他にはヤクルトで活躍していた林昌勇が在宅起訴される

という流れになっています。

韓国検察は、処分を林昌勇と共に決めるとしていて、その場合一

括司法処理という流れになるようです。

どこでプレイできる事になるのかを整理しておきますと、

 

まず韓国でのプレーに関しては、

林以外に疑惑がかけられているサムスンの2投手が保留者名

簿に入っている現状を見ても、クロと判断されたとしても、

出場停止処分が下るというレベルで決着するかもしれません。

以上。日刊ゲンダイソース。

韓国だと出場停止という事で、これがどのくらいの時期なのかに

よって韓国でプレーできる可能性が出てきます。

 

では、日本はどうか?

おそらく、日本では厳しいでしょう。先の巨人の3選手による野球

賭博の一件がありましたし、なにより今回の呉昇桓の件は暴力団が

絡んでいるとされていますので、野球協約ではこういった人物・組

織との接触を禁止していますので日本でのプレーは難しいでしょう。

 

ではメジャーはどうか?

メジャーの場合も苦しいかもしれません。契約以前の問題としてビ

ザが発給されるかどうかの問題もありますし、仮に発給されたとこ

ろでいわくつきの選手をあえて獲りに行こうとする球団があるのか

どうか・・・。

 

現状ではやはり、海外や日本の独立リーグぐらいしかプレイできるところ

はないのかもしれません。

広告

 - 事件, 野球 , , , ,