PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ハミルトンがシューマッハの記録を2019年に更新?タイヤ視点で見る。

   

Pocket

ハミルトンがシューマッハのワールドチャンピオンの記録や通算勝利数

で追い抜く可能性が議論されていますが、タイヤ関連でも記録更新がか

かっています。

 

ハミルトンがシューマッハの記録を更新する?

もしかしたら2019年度中にハミルトンはシューマッハの記録を更新する

かもしれません。といっても通算勝利数ではシューマッハが91勝でハミ

ルトンが73勝なのでさすがに1年で19勝もできませんし、ワールドチャ

ンピオンも2019年に獲得したとしてもあと2回獲得しなければなりませ

ん。

広告

では何の記録でハミルトンはシューマッハの記録を更新するのか・・

・、それは「同一タイヤにおける最多勝記録」です。まあ1つのタイ

ヤメーカーでどれだけの勝利を獲得したかという事ですが、これまで

の記録は

 

通算勝利数

順位ドライバータイヤ勝利
1M・シューマッハブリヂストン58
2L・ハミルトンピレリ48
3A・セナグッドイヤー41
4S・ベッテルピレリ37
5A・プロストグッドイヤー35

 

となっており、あと11勝でハミルトンはシューマッハのもつ同一タイ

ヤ最多勝記録を抜く可能性が出て来ているのです。では他の記録はど

うなのでしょうか?

 

ポールポジション

順位ドライバータイヤポール
1A・セナグッドイヤー65
2L・ハミルトンピレリ54
3M・シューマッハブリヂストン48
4A・プロストピレリ35
5N・マンセルグッドイヤー32

 

ポールポジションそのものの記録はハミルトンがすでにシューマッハ

を追い抜いていますが、同一タイヤではセナにまだ11回足りず2019

年中に抜く可能性は十分にあるでしょう。

 

ファステストラップ

順位ドライバータイヤFL
1M・シューマッハブリヂストン42
2M・シューマッハグッドイヤー34
3A・プロストグッドイヤー30
3L・ハミルトンピレリ30
5N・マンセルグッドイヤー29

 

シューマッハが2つのタイヤで1位と2位を独占しており、ハミルトン

はプロストと同じ3位タイとなっています。抜けるかどうかはレース

展開にもよるでしょうから、2019年中は難しいかもしれません。

広告

表彰台

順位ドライバータイヤ表彰台
1M・シューマッハブリヂストン89
2L・ハミルトンピレリ81
3A・プロストグッドイヤー80
4S・ベッテルピレリ80
5A・セナグッドイヤー77

 

表彰台はかなりの確率で抜けそうです。9回も表彰台に立てないようで

はワールドチャンピオンは夢のまた夢だからです。そしてベッテルに

も十分に可能性が残されており、2019年のクルマ次第ではベッテルが

先という可能性もあるのです。

 

コンストラクター別では2019年度中は厳しいものの、2020年に同一

タイヤでのポールポジション記録更新の可能性があります。現在の最

高はグッドイヤーを使用したウィリアムズが107回のポールポジショ

ンを記録しており、3位にピレリを使用しているメルセデスが80回と

迫ってきているからです。

 

ハミルトンはシューマッハに記録にいろいろと近づいて来ていますが、

タイヤ関連でも記録に迫るか、あるいは抜こうとしていてこちらも静

かに注目していきたいところです。

広告

 - F1