PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

浜田文子が逮捕。現在プロレス関係者に衝撃が。

   

Pocket

芸能人が覚せい剤で逮捕される案件が多い中、今度は女子レスラーが逮

捕されるという事態になってしまいました。

 

浜田文子が逮捕。

プロレス団体WAVEに所属する女子レスラーの浜田文子が、自宅で覚醒剤

を使用した疑いで警視庁に逮捕されています。浜田文子は容疑を認めてお

り、鼻から吸ったと話しているという事です。

広告

浜田文子から団体の関係者に、「4人の刃物を持った男が私を狙っている

」というメールがあったという事で、警視庁が捜査をしていたというので

すが、不審な点があったため浜田文子に対して、任意で尿を調べたところ

陽性反応が出たので問いただすと容疑を認めたというのです。

 現在は捜査の進展を見守っている段階だが「犯罪の事実が明白とな

り次第、即刻、厳正なる処分を行う方針です。具体的には、全ての契

約を解除する方針です」としている。また「関係者の皆様、そしてフ

ァンの皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけてしていることを心から

お詫び申し上げます」と謝罪の言葉を発表した。

以上。東スポソース。

 

としており、浜田文子側の弁護士は常習性はなく初めての覚醒剤の使

用で逮捕されたとしています。浜田文子はさらに「自宅で使用した。

試合で負けられないプレッシャーがあった」と話しており、試合にお

ける重圧を理由に挙げていて、覚せい剤の使用時期は4月下旬~5月

中旬ごろと見られるとしています。

 

5月13日の大阪大会を欠場した浜田文子は「明らかに体調不良」との判

断で欠場し報告したというのですが、13日の深夜になって、浜田文子

が「別の深刻な事態」になっていることを団体が把握し、浜田文子は1

3日夕方頃に覚醒剤の使用で警察に逮捕されたとしています。

 

浜田文子の様子に関しては「もの凄く泣いていて、会話にならない」と

しており、かなり深く反省しているとの印象だと担当弁護士は話してい

ます。

 

初めての覚せい剤で慣れない状態から突然変な状態になるものなのかは

わかりませんが、初めて使用する人間にさえもそのような作用があるん

であれば、覚せい剤の恐ろしさを改めて認識するものであります。ただ

使用時期があいまいなので、本当に今回が初めての使用だったのかがな

んともすっきりしないところではあります。

広告

浜田文子はどのような人物か?

浜田文子は1981年2月14日生まれのメキシコ・メキシコシティ出身の

レスラーで、本名はAyako Valentina Hamada Villarreal(アヤコ・バ

レンティナ・ハマダ・ビヤッレアル)で日系メキシコ人です。1998年8

月9日のアルシオン・後楽園ホール大会でデビューし、その後はいく

つかの団体を渡り歩いた後は2012年よりWAVEに所属しています。

 

父はグラン浜田というレスラーでグラン浜田と言う名前は1975年にメ

キシコへのプロレス修行の際につけたリングネームで、本名は濱田廣秋

(はまだ ひろあき)という名前です。姉がおり同じくソチ浜田という

リングネームで活躍しているプロレスラーで、浜田文子とは異母兄弟

であり今はテキサスに在住しています。

 

所属団体では契約の解除という方針のようですが、今後の浜田文子が

気になる所です。

広告

 - 事件 ,