PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

ハロウィンイベントの都内の盛り上がりに批判が。いつから日本で流行?

   

Pocket

ここ数年日本で急速な盛り上がりを見せているハロウィンですが、近年の

過剰な盛り上がりを懸念する声も出ていて、それが批判の対象となる事も

あります。1990年代後半よりディズニーで広がったとするハロウィンが岐

路立たされているかもしれません。

 

ハロウィンは禁止すべきか?

世界各地で行われているハロウィンですが、地域によっては禁止していると

ころもあります。日本では禁止している所はないのですが、フジテレビのバ

イキング内で禁止すべきとの声があったのです。

広告

水道橋博士が「東京都はハロウィーンを禁止すべき」と提言したのですが、

視聴者による「dボタン」投票では、賛成73%、反対27%と賛成派が

圧倒的で、ハロウィーンの異常な盛り上がりに向けた視線が厳しかった。

以上。スポーツ報知ソース。

 

としてハロウィンに対して批判的な見方が広がっているようです。理由と

しては東京渋谷を中心とした都心で異常な盛り上がりを見せていて、街頭

や電車に仮装した人がまわりを占拠するような状態になってしまっている

現状が禁止という流れになっているのでしょう。

広告

海外ではハロウィンを批判・警戒しているところも。

ハロウィンは世界的なイベントとはなっているものの、やはりすべての地域

に歓迎されているわけではないようです。

 

ここ最近アメリカでは「不気味なピエロ」騒動というものがあるようで、

ハロウィンを控えてかなりの脅威となってきているとしています。いっ

たいどういう事なのでしょうか?

ピエロは8月末から目撃が相次ぎ、森に潜んだり、暗い路上に現れたり、

車を運転したりして人々を驚かせているほか、ナイフを見せる者もいる

という。目撃情報は、カリフォルニア、ミネソタ、サウスカロライナ、

ニュージャージー、ニューヨークなどの州に拡大。

以上。ロイターソース。

 

この件に関してはホワイトハウスのアーネスト報道官が「地元警察は非常に

真剣に受け止めている」としており、全米での騒動となりかねない勢いのよ

うです。

 

アメリカ関連でいえば1992年10月17日にルイジアナ州バトンルージュで日

本人留学生が射殺された事件がありました。これは日本人留学生がハロウィ

ンイベントで家を間違えてしまい、家の住人が「フリーズ(Freeze「動くな

」)」と警告したものの、日本人留学生が「パーティに来たんです (We’re

here for the party.)」として立ち止まらなかったために住人が胸部に向けて

拳銃を発砲し、犠牲になるという事件は当時日本に大きな衝撃を与えました。

 

 

宗教的にはプロテスタントでハロウィンの危険性が語られることもある他に、

イングランド国教会のウェブサイトでは

「ハロウィンは、悪魔を些細なものとする力を持ち、悪の善に対する勝利を

祝うものとして描写されるかもしれないが、その際、私たちはキリスト教徒

として、実際にはその反対こそが正しい、すなわちキリストにおいて善は悪

を征服するのであると信じている」と表明している

以上。wikiソース。

 

と警戒しているところもあります。日本では宗教的視点で語られる事はほとんど

ありませんが、このままだと将来的に規制の動きが出てくる事も予想されます。

広告

 - 便利