PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ガスリーの途中交代は?レッドブルはオーバーテイクを求める。

   

Pocket
LINEで送る

ピエール・ガスリーとマックス・フェルスタッペンとの差が広がってい

く中で、ガスリーの途中交代の話がまた出て来ています。

 

今後3レースでガスリーの運命が決まる?

これまであまり結果の残せていないピエール・ガスリーに関しては、

シーズン中の交代はないと途中交代の噂を否定してきましたが、今

後の3レースの結果次第ではガスリーの交代があるやもしれません。

広告

ヘルムート・マルコはガスリーについて、

「そうは言っても、ガスリーは改善する必要がある。特にオーバ

ーテイクに関してね。彼は夏休みまでに結果を出さなくてはなら

ない。だが、我々は彼をそこに導けると確信しているよ」

以上。TOPNEWSソース。

 

とオーバーテイクによる順位の挽回を求めています。その上で夏休

み前のイギリス・ドイツ・ハンガリーのレースで結果が重要だと見

られているのですが、ガスリーにはこのあたりの改善は果たしてで

きるのでしょうか?

広告

ガスリーの方が追い抜きは多いが・・・。

ではガスリーはオーバーテイクがそんなに少ないのでしょうか?これ

まで9戦のガスリーとフェルスタッペンとの追い抜きの数を見ていき

ます。

 フェルスタッペンガスリー
レース
11 1 
22131
3  1 
42142
5    
6    
7311 
8  1 
94 31
123144

↑はオーバーテイクをしたのを表しており、↓はオーバーテイクをさ

れたほうを表しています。これまでの9戦でオーバーテイクをされた

回数はガスリーが4回に対してフェルスタッペンは3回、オーバーテ

イクをした回数はガスリーが14回でフェルスタッペンが12回となっ

ていて、数字の上ではガスリーの方が追い抜き回数でフェルスタッペ

ンを上回っています。

 

しかしながら追い抜き中身にはかなりの違いがあり、フェルスタッペ

ンはルクレール、ベッテル、ボッタスの3人からも追い抜きをしている

のに対して、ガスリーの場合は上位グリッドにいない事が多いために

フェラーリとメルセデスのクルマから追い抜きをした事がありません。

レッドブルのクルマの力を考えればガスリーはフェルスタッペンより

もさらに多くの追い抜きが必要となるのですが、追い抜きの回数はフ

ェルスタッペンを少し上回る程度に留まってしまっています。

 

この事がガスリーが上位でゴールできない要因の1つとなっているの

ですが、それ以前の問題としてやはり予選の順位の改善やQ2でミデ

ィアムタイヤでタイム計測をさせてもらうだけの信頼が今のガスリ

ーに求められています。

 

せめて3強の一番後ろである6位でゴールしてもらえればそれなりに

見栄えのいい結果とはなるのですが、どちらにしても今後の3レース

のガスリーの走りに注目です。

広告

Pocket
LINEで送る

 - F1