PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

GACKT参加の仮想通貨「SPINDLE」上場も事務所倒産で破産手続き。

      2018/05/26

Pocket

GACKTが参加している仮装通貨「SPINDLE」が上場するなど明るい話題

がある一方で、事務所が倒産していたとして破産手続きに入っているとし

ています。

 

GACKTの所属事務所が倒産。

GACKTが所属事務所が倒産していたそうです。といっても所属していたのは

GACKT1人なのですが・・・。倒産が明らかになったのは、実質的な個人事務

所「G-PRO」ですでに破産手続きが開始されているようです。

広告

4月24日で、東京地裁の命令でG-PROの特別清算が開始されたとしており、

5月上旬頃の官報によれば

〈1 決定年月日 平成30年4月24日 2 主文 清算株式会社につき特

別清算の開始を命ずる。 東京地方裁判所民事第8部〉となっており、

倒産の理由が何なのかは今のところは不明なのですが、

 

「実は、警察に相談せざるをえないような数億円単位の使い込みの疑いが

G-PRO関係者に出たりしたことも無関係ではないと思います」(G-PRO関

係者)

以上。デイリー新潮ソース。

 

という指摘があり、つい最近始めた仮想通貨「SPINDLE」関連事業と何らかの

関係があるのでしょうか?どちらにしても不可解なGACKTの事務所の倒産です

が、以前は一部資産を売却したとの報道もあったりと、GACKTの金銭事情に

関してはあまり明るい話題が出てきません。仮装通貨はどうやらうまくいって

いるようなのですが、果たしてそれを維持できるのでしょうか?

 

ちなみにGACKTは事務所に関して、契約に基づきプロダクションに所属し

ていただけのみでGACKT自身の事務所ではないと反論しています。

広告

仮想通貨「SPINDLE」が5カ国で上場。

GACKTが参加しているSPINDLEは世界五カ国の取引所に同時に上場することになった

とし、さらに2018年中に計12カ国の取引所に上場する準備を始めているとしています。

 

GACKTは

「世界中でSPINDLEの流動性がここからますます上がって行くこ

とは本当にうれしいことであり、まずはここまでSPINDLEを応援

し支えてくれた世界中の方々に感謝の気持ちを届けたい。本当にありが

とうございます」

以上。日刊スポーツソース。

 

取引高世界第7位のHITBTC他5つの取引所でトレードが始っており、HITBT

C相場では1ポイント上昇し買い優勢となっている他、HITBTCのSPD/ETHで

は取引量で4位、 yobitのSPD/ETHでは現在取引量2位でどうやらスタートは

いいようです。

 

 

仮装通貨に関しては上々のスタートを切ったようですが、その一方で

個人事務所の破産はなにを意味しているのでしょうか?警察の相談する

ほどの使い込み・・・しかも数億円というかなりの金額がどのような

形で使い込まれたのか?G-PRO関係者がどのようなお金の管理をして

いたのかも気になるところですが・・・。

広告

 

 - 芸能