PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

GACKTの映画「カーラヌカン」が2017年公開も本名を変更の怪?

      2016/09/12

Pocket

GACKTがブログで平均睡眠が3時間であると書き込み、それが可能な理由を

いろいろと語っているようですが、こうしたある種の超人的なエピソードを

自ら語りだす傾向というのは、いろいろ差し引いて見た方がいいのかもしれ

ません。つい最近もショーンKという見本がありましたが・・・。

 

GACKTの虚像が明らかになるのか?

GACKTはこれまでのエピソードとして5か国語が話せたり、世界に200台しかない

とされるランボルギーニ・アヴェンタドールを所有していたり、自宅の地下に神殿

があったりなどいろいろなエピソードがあるのですが、いくつかは本当かどうかが

怪しいものも含まれているようです。

 

しかし、東日本大震災の義援金の不正処理の問題が話題になって以降は、これらの

豪華エピソードに疑問符が出てきています。義援金の横領疑惑のみならず個人事務

所の所得隠しまでも発覚た後、マルサが個人事務所とGACKTの自宅を捜索し、GAC

KTの逮捕の可能性までもが当時は話題となりました。

 

その結果ランボルギーニ・アヴェンタドールと自宅は売りに出され、自宅ビルも言わ

れているほど豪華なものでもなかったようです。

 

さらに本名もなぜか岡部学から大城学に変更しているのです。大城姓は母方の祖母との

不可解な養子縁組によって変更したという事なのですが、これはどういった事情なので

しょうか・・・。

広告

GACKTが主役の映画「カーラヌカン」が2017年に公開するが・・・。

そんな中GACKTは2017年公開予定の映画「カーラヌカン」で、ヒロイン役の女性を募集

していました。現在は募集は終了しています。カーラヌカンは沖縄の自然を映像で表現し、

沖縄の文化を織り交ぜながら愛の物語を描く作品という事でGACKTは、

「浜野監督の作品に対するこだわり、世界観に共感しました。一人の沖縄人として沖縄、

八重山の大自然をこの映画を通して皆様にお見せします」

以上。映画ナタリーソース。

 

として、映画への意気込みを語りました。GACKTが演じる役は「類まれな美しい身体」

と「美貌を持つ」写真家・大山光役で、大山は八重山諸島を背景に石垣真海の撮影をし

ていたところ、石垣真海が突如姿を消すというもの。大山は彼女を捜す過程で沖縄の自

然や芸術に触れていくという内容になっています。

 

今回の映画にGACKTが起用された理由として、上のコメントにあるように沖縄出身とい

うのがあるのですが、生まれは沖縄県でも育ちは滋賀県で割合としては関西人の方が大

きく、厳密には沖縄人で間違いなのでしょうが、あまり沖縄人を強調しすぎると詐称み

たいなイメージで見られてしまうかもしれません。

 

GACKTにはショーンKのような詐称性はあるのか?

いくつかの疑惑が出てきているGACKTですが、ではショーンKのような大きな問題にはなるの

でしょうか?おそらくはならないだろうと考えられます。

 

というのもショーンKとは違い、芸能界での活動範囲ですから経歴での詐称というわけではなく、

芸能界での活動として限定されている以上は「すべてはキャラ」で押し通せるからです。ただし

過去にあった税法上の問題行動が新たに発覚した場合は、別の意味で芸能活動に支障が生じ、シ

ョーンKのような見方をされてしまうかもしれません。

広告

 - 芸能