PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

福田富昭レスリング協会会長と山口組との関係が発覚。神社本庁や会社の疑惑も。

   

Pocket

伊調馨に対するパワハラ問題でいろいろと世間の注目を集めている中で

今後は日本レスリング協会による暴力団関係者との関係が指摘されてい

ます。

 

福田富昭氏と山口組の元最高幹部との交際が発覚。

パワハラ問題で注目があった中、今度は日本レスリング協会の会長を務め

る福田富昭氏が、山口組の元最高幹部であった大石誉夫氏と交際があった

事を週刊文春が伝えています。

広告

この山口組の元最高幹部でだった大石誉夫氏は2017年8月に亡くなられて

いるというのですが、この幹部と福田富昭氏との関係について頻繁に飲食

をともにする仲だったとし、大石誉夫氏と親交のあった会社役員は

「福田氏は大石氏を神楽坂の料亭に招待したこともあったと聞きまし

た。大石氏も気を許し、資金をつぎ込んでいた北関東のリゾート施設

を『日大に買って貰えないか』と福田氏に持ち掛けたり、逆に福田氏

もホテルの売却話を打診したりするなど、ズブズブの関係でした」

以上。週刊文春ソース。

 

というかなり深い関係だったと話しています。この2人の関係が明るみに

なったのは、13年にさいたま地裁越谷支部に起こされたある民事訴訟で、

この裁判の中で証拠提出された陳述書などに、福田富昭氏と大石誉夫氏

が飲食を共にしていたことが記録されているというのです。

 

結局この流れから今回の問題が明るみになったのですが、福田富昭氏は

週刊文春の取材には「記憶にない」を繰り返しているとしています。

広告

不動産物件の中抜き疑惑もある?福田富昭氏。

さらに福田富昭氏には別の疑惑もあるようです。福田富昭氏は1996年に

神社本庁制作の皇室ファン雑誌販売会社「日本メディアミックス」を設

立していて、現在も20%の株をもっているとしています。雑誌「皇室」

を全国各地の神社に直販売しています。

 

ただ神社本庁の外郭団体から雑誌の販売の委託のみならず、神社本庁に

もたらした疑惑の巨額不動産取引に大きな役割を果たし、「神社本庁の

トンネル会社」ともされているのです。

 

疑惑の巨額不動産取引とは2017年にスクープされていたようで、2015

年に神奈川県川崎市にある神社本庁所有の職員用宿舎が、東京都新宿区

の不動産会社へ1億8400万円で売却されたのですが、この会社は売買契

約日当日に、この物件を別の不動産会社に2億円以上の金額で転売し、そ

して、この不動産会社も翌年、大手ハウスメーカー3億円を超える金額で

転売していたとしています。

 

つまり、神社本庁の視点で見た場合に、3億円以上価値のある物件を1億

8400万円で売却した事になるのですが、ところが元々この物件は売却案

が神社本庁内で出た当初から銀行により3億円前後の評価を受け、実際に

買い手がいたそうですが内規は原則禁止となっている随意契約によりな

ぜか不動産会社へ1億8400万円で売却される事に・・・。不動産評価鑑

定書はこの不動産会社が持ち込んでいます。

 

で、この不動産会社ですが、高橋恒雄氏が代表取締役をしていて、高橋氏

は「皇室」の販売会社である日本メディアミックスの代表取締役でもあり、

しかも不動産会社と日本メディアミックスはオフィスが同居しているとい

うのです。

 

となるとこの不動産会社と日本メディアミックスは神社本庁が得るべき利

益を「中抜き」を可能にさせる関係だったという事になります。福田富昭

会長はその不動産会社の元取締役で、株も持っているとされています。

 

さらには高橋恒雄氏は福田富昭会長の日本大学レスリング部の後輩でもあ

ります。

 

何とも言えない福田富昭会長の疑惑ですが、一体日本レスリング協会の中

はどのようになっているのでしょうか?

広告

 - 事件, 芸能 , ,