PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ピレリが2016年ロシアGPの各ドライバーのタイヤ選択を発表。

   

Pocket

ピレリがロシアGPで全ドライバーが選択した各タイヤの数を発表しました。

全ドライバーが選択したタイヤのセット数は以下の通りとなっています。

今回はソフトタイヤとスーパーソフトタイヤ本数でフェラーリとメルセデス

の選択の差が特徴的です。

広告

各ドライバーのタイヤ選択は?

————–   ミディアム   ソフト  スーパーソフト

ハミルトン             1                    4                   8

ロズベルグ                 1                    4                   8

ベッテル                    1                    6                   6

ライコネン                 1                    6                   6

ボタス                       1                    3                   9

マッサ                       1                    3                   9

リカルド                    1                    2                   10

クビアト                    1                    2                   10

マグヌッセン              1                    5                   7

パーマー                    1                    5                   7

ヒュルケンベルグ        1                    4                   8

ペレス                       1                    4                   8

フェルスタッペン        1                    4                    8

サインツ                    1                    4                    8

アロンソ                    1                    5                    7

バトン                       1                    5                    7

エリクソン                 1                    5                    7

ナスル                       1                    5                    7

ウェーレイン              2                    5                    6

ハリアント                 2                    5                    6

グロージャン              1                    2                    10

グティエレス              1                    2                    10

広告

今回ピレリが投入したタイヤは、ミディアム・ソフト・スーパーソフト

の3種類となります。

 

今回のロシアGPのタイヤ選択で特徴的なのは、ドライバー間でセット数が違

うチームが無いという事でしょうか。すべてのチームで同じドライバー間で

同じだけでのタイヤ数を選択しています。

 

フェラーリはミディアムとソフトを6セットと同じセット数を選択していて、

路面に比較的優しいとされるソチのコースとしては、やや保守的な選択をし

たのかもしれません。あと、マノーがミディアムを2セットを選択していて

これが決勝でどのような結果をもたらすのかも楽しみです。

広告

 - F1 , , , ,