PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ピレリが2016年バーレーンGPの各ドライバーのタイヤ選択を発表。

      2016/04/06

Pocket

ピレリがバーレーンGPで全ドライバーが選択した各タイヤ

の数を発表しました。全ドライバーが選択したタイヤのセ

ット数は以下の通りとなっています。

広告

各ドライバーのタイヤ選択は?

————–   ミディアム   ソフト  スーパーソフト

ハミルトン             1                    6                   6

ロズベルグ                 1                    6                   6

ベッテル                    3                    4                   6

ライコネン                 3                    4                   6

ボタス                       3                    3                   7

マッサ                       3                    3                   7

リカルド                    2                    5                   6

クビアト                    2                    5                   6

マグヌッセン              1                    5                   7

パーマー                    1                    5                   7

ヒュルケンベルグ        2                    5                   6

ペレス                       2                    5                   6

フェルスタッペン        1                    7                    5

サインツ                    2                    6                    5

アロンソ                    3                    4                    6

バトン                       3                    4                    6

エリクソン                 3                    5                    5

ナスル                       4                    4                    5

ウェーレイン              4                    5                    4

ハリアント                 4                    5                    4

グロージャン              2                    4                    7

グティエレス              1                    5                    7

広告

今回ピレリが投入したタイヤは、ミディアム・ソフト・スーパーソフト

の3種類となります。

 

スーパーソフトに関してはすべてのチームが同じセット数を選んでいま

すが、それ以外はチーム内のドライバー間で選択数が分かれたところも

あります。ザウバーとルノーは前回のオーストラリアGP同様ドライバー間

でセット数が分かれています。

 

メルセデスとフェラーリでは、メルセデスがソフトを多く選択したのに対し、

フェラーリはミディアムを多く選択しました。これはバーレーンでの路面状

況の悪さをフェラーリが考慮したからなのでしょうか?

 

そして、マノーは前回同様3種類のタイヤを均等に選んでいるのでした。

広告

 - F1 , , ,