PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

F1,2016年の新予選方式が次戦バーレーンGPから変更か。

   

Pocket

2016年の開幕戦がオーストラリアで始まり、さっそく新予選

始まったのですが、正直な感想としましてはもう少し1台ずつの

ノックアウトに盛り上がりがあるのかと思ってみましたが、予選

が進むに連れ盛り上がりに欠けていったと言う感想です。

広告

欠陥が露出した?新予選方式。

Q1が始まった時は開始と同時にすべてのクルマがコース上に出て

きてサバイバルが始まるのかと楽しみにしていました。Q1はたしか

に中段にいるチームにとっては息のつく間もないほどの争いがあり、

レッドブルのクビアトが脱落する波乱もありました。

 

ところがQ2になると、最下位のドライバーの90秒のカウントダウンが

始まると、計測を諦めてしまいピットに戻るケースが増えてきました。

ドライバーによってはコース上の位置やタイヤの交換がしたくてもピット

に戻るとなると時間がかかる事から、計測ラップをしようにも間に合わな

い状態だったりするので、そうすると泣く泣くピットに戻るしかないケー

スもありました。

 

Q3になると、時間終了まで2分近くもありながらすべてのドライバーが

計測をしなくなり、そのままハミルトンがポールとなりました。以前の

形式だったら残り時間が0になっても計測中のドライバーはタイムアタック

をしていたものの、この予選では時間をあまらせて予選を終えてしまった

のです。

広告

バーニー・エクレストンは次戦より予選ルールを変更を示唆

そんな中バーニー・エクレストンは、早くも次戦バーレーンGPより予選

形式の変更を検討しています。

「テレビで見たが、正直魅力的なものではなかったね」

「ひどかったよ。とはいえ、これが現状のフォーマットなんだ」

「ひとつ確かなのは、もし速いドライバーがコースアウトなどで思う

ようなタイムを出せなかった場合、順位は変わる可能性がある。それ

こそ我々が望んでいることだ」

「ただ、結局メルセデスが今年も素晴らしく速いというのがわかった

だけだがね」

以上。オートスポーツwebより。

 

と、今の予選方式の不備を認めていました。

そして、以前より提案していた、前レースの優勝ドライバーの予選

タイムにコンマ数秒をペナルティとして加算するという考えを改め

て提案しました。

 

勝ったのにペナルティとは何ともがっくりくる話ですが、果たしてバ

ーニー・エクレストンは本当に次戦バーレーンGPより予選方式を変更

するのでしょうか?

広告

 - F1