PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

F1に新たなスパイゲート?メルセデスのエンジニアが情報を持ち出し?

      2015/12/10

Pocket

12月9日にメルセデスのエンジニアを務めていたベンジャミン・ホイル

という人物が、メルセデスの機密情報を社外に持ち出していたとして告

訴したそうです。

ベンジャミン・ホイルは来年フェラーリに移籍すると伝えられています。

持ち出したとされる機密情報とは、2015年ハンガリーGPのレース報告書、

エンジンデータ、とされていてそれらを会社の外へ持ち出すことを前提に

保存していたというのです。

新たな「スパイ・ゲート」ともいえる一件ですが、そこで2007年におきた

「スパイ・ゲート」を見ていきたいと思います。

広告

スパイゲート事件の内容

事のおこりは当時フェラーリのエンジニアだったナイジェル・ス

テップニーがフェラーリでの待遇に不満を感じ、フェラーリのク

ルマ(当時のドライバーはフェリペ・マッサとキミ・ライコネン

)に破壊工作をしたとされる一件でした。

破壊工作とはフェラーリのクルマの給油口付近に白い粉末状のもの

が発見されたというものです。

過去のF1において自らのチームに破壊工作をしたという出来事は

なかったので、この事件は当時F1界に大きな衝撃を与えました。

そんな中、ナイジェル・ステップニ―に新たな疑惑が持ち上がり

ました。それが「スパイ・ゲート」だったのです。

 

スパイゲートの始まり。

2007年7月にナイジェル・ステップニ―と共謀し、当時マクラー

レンの上級エンジニアだったマイク・コフランがフェラーリの技

術情報を盗んだとしてフェラーリが法的処置の用意があると報じ

ました。

その後フェラーリは技術情報の窃盗罪でモデナ裁判所に提訴してい

ます。

このあたりからスパイ・ゲートが大々的に報じられ、当時マクラー

レンのドライバーだったフェルナンド・アロンソとルイス・ハミル

トンのポイント剥奪と言う話にまで発展します。

広告

その後、コフラン夫人がフェラーリの情報をコピーしたという情報

までが公にされます。

この情報というのは、ステップニーがマクラーレンのエンジニアで

あるコフランに780ページ分、700冊の文書の事で内容はF2007の技

術設計図、作業過程、予算、チーム戦略などが書かれているというの

です。コフランの妻はその情報をイングランドのコピーショップの店

員にデジタルコピーするように依頼したのです。

 

2007年7月26日に世界モータースポーツ評議会はマクラーレンを処分

しないとの決定が出るのですが、フェラーリが控訴。その結果次の舞台

がFIA国際控訴裁判所へ移され、その後新たな証拠が見つかったことか

ら2007年9月13日に国際控訴裁判所公聴会が開かれる事になりました。

 

2007年9月13日モータスポーツ評議会がこの問題に対する公聴会が開

かれ、マクラーレンは1億ドル(当時のレートで115億円)と2007年

度のコンストラクターズポイント剥奪の処分が言い渡されます。

 

アロンソとデラロサのメールが大きな役割を果たした。

この有罪にはアロンソとデラロサのメールが大きな役割を果たしたとされ

ています。

実はハミルトン・アロンソ・デラロサはFIAから「FIAの調査に関連した

メールがマクラーレンのドライバーの間で交換されているという具体的

な申し立てがあった」という名目で3人のドライバーに対し、関係する

文書を提出するよう依頼していました。

ハミルトンには協力できる部分がなかったのですが、デラロサはメール

の中で、コフランにフェラーリの重量配分を聞いていて、コフランは事

細かい内容を返信していました。

デラロサは、フェラーリの重量配分及びオーストラリアGPのセットア

ップのデータをアロンソにメールで送っていました。重量配分につい

てマクラーレンとフェラーリとの比較の内容について話し合われてい

て、デラロサはこの情報をコフランと「とても仲の良い」ステップニ

ーからの物だとして信用できるとメールに書いていたのです。

 

2007年のF1はマクラーレンがコンストラクターズ・ポイントが0で、

フェラーリのライコネンがワールドチャンピオンになりました。

アロンソはマクラーレン代表ロン・デニスとの不和で1年のみでルノー

に移籍し、2010にフェラーリに移籍した後2015年に再びマクラーレ

ンに戻っています。

コフランは2007年以降、しばらくはF1から遠ざかっていましたが201

1年にウィリアムズでF1復帰し2013年までテクニカルディレクターを

務めていました。

ステップニーは2009年7月1日までFIAから国際モータースポーツへの

参加を禁じられていましたが、前倒しで2009年2月9日に解除。

204年5月2日にイングランドのケントにて交通事故で逝去。55歳でした。

広告

 - F1, 便利 , , , ,