PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

アメリカ大統領選挙、ドナルド・トランプ氏の支持率が急落。発言に嫌気?

      2016/09/12

Pocket

全米でのドナルド・トランプ氏の支持率が急落しているそうです。

これまで数々の放言で、いい意味でも悪い意味でも世界中に名前

が知れ渡ったトランプ氏ですが、先のアイオワ州の予備選挙では

テッド・クルーズ氏に敗れるという波乱が合った矢先だけに、今

後ドナルド・トランプ氏は失速してしまうのでしょうか?

 

ドナルド・トランプ氏の勢いは落ちたのか?

2月1日のアイオワ州での共和党予備選挙でまさか?の敗北を喫した

トランプ氏ですが、ここに来てトランプ旋風に陰りが出てきたでしょ

うか?

 

民間調査会社「パブリック・ポリシー・ポーリング」によれば、全米

でのドナルド・トランプ氏の支持率は25%と2015年12月に比べ9%の

マイナスになったとしました。

 

共和党各候補者の支持率はこうなっています。

ドナルド・トランプ氏 25% 2015年12月より9%マイナス

テッド・クルーズ氏  21% 2015年12月より3%プラス

マルコ・ルビオ氏   21% 2015年12月より9%プラス

となっています。

あとは、43代大統領ブッシュ共和党元大統領の弟ジェブ・ブッシュ氏は

5%となっていて、ブッシュ氏は撤退を余儀なくされそうな見通しです。

 

ちなみにウォールストリートジャーナルでは、共和党全米での支持率は

ドナルド・トランプ氏 33.6%

テッド・クルーズ氏  20.4%

マルコ・ルビオ氏   12.2%

2016年2月4日現在。

となっており、ドナルド・トランプ氏は若干支持を下げたものの、依然と

して高支持率を維持し、マルコ・ルビオ氏が少し追い上げている形となっ

ています。

広告

ニューハンプシャー州での支持はどうなっているのか?

2016年2月9日にニューハンプシャー州での予備選挙が行われるのですが、

ニューハンプシャー州における共和党、民主党の支持率はどうなっている

のでしょうか?まず共和党ですが、

ドナルド・トランプ氏 31%

テッド・クルーズ氏  11.7%

マルコ・ルビオ氏   15.1%

ウォール・ストリート・ジャーナル2月5日現在。

ニューハンプシャー州ではトランプ氏の勝利を60%近くの人が予想していて

アイオワでの波乱はないようだと考えているようです。ただ、トランプ氏は

絶大な支持率とは裏腹に演説にはあまり人が集まらない傾向もあるようなの

で、当然の事ながら安心はできないでしょう。

 

では、民主党はどうでしょうか?

バーニー・サンダース 55.3%

ヒラリー・クリントン 37.7%

ウォール・ストリート・ジャーナル2月5日現在。

この数字は意外に取られるかもしれませんが、バーニー・サンダース氏は

ニューハンプシャー州の隣にあるバーモント州から選出されている事もあ

り、ヒラリー・クリントン氏にとっては最初から負け戦の傾向となってい

ます。

ヒラリー・クリントン氏もそれを自覚しているのか、

「多くの政治評論家に言わせれば、私はニューハンプシャーでの戦いを回避す

べきだった。要するにここはライバルのおひざ元で、負けは決まっているとい

うわけだ」

以上。CNNソース。

という事で、100%本音ではないでしょうが、半ば負けを認めた発言をして

います。

アイオワ州では、共和党がテッド・クルーズ氏、民主党がコイントスの末ヒラ

リー・クリントン氏が勝利しましたが、ニューハンプシャー州では果たしてど

のような結果が待ち受けているのでしょうか?

広告

 - アメリカ大統領選挙2016, 政治 , , , ,