PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

レミー・コルデロをDeNAが獲得か。マイナー、メジャーでの投手成績は

   

Pocket
LINEで送る

DeNAが新外国人として、レミー・コルデロ投手(21)を獲得すること

が分かりました。育成契約となる見込みだとしています。2年間の出場

記録はなく、その正体はベールに包まれているとしているのですが、一

番の謎はなぜDeNAが獲得しようとしたのかという所だと思います。

 

レミー・コルデロはどのような投手か?

レミー・コルデロ(Remy Moise Cordero)は1997年12月18日生まれで、

ドミニカ、サンペドロ・デ・マコリス出身。身長は188cmで体重が77k

gです。

 

左投左打となっています。

広告

サンディー・ブリトのマイナー・時代の成績は?

マイナー成績

年度レベル試合イニング防御率奪三振率与四球率
2016Rk160011 2/311.5710.8016.20

 

年度レベル試合打数安打本塁打打点三振四球打率出塁率長打率
2015Rk461482911357100.1960.2610.257
2016Rk160000000.0000.0000.000
 621482911357100.1960.2610.257
広告

 

二刀流としての期待がという記事もあるようなので、DeNAは本来投

手として獲得するようですが、野手の記録も掲載しています。

 

これは見方によるのでしょうが、投手という視点で見た場合はたしか

に野手としての期待もあるのでしょうが、反対に野手としての適性が

上回っているのであれば別に野手が投手を経験する事自体は多くはな

いにしてもレアケースというわけではないので、二刀流というのは無

理がある感じがします。投手視点なので二刀流なのでしょう。

 

本職として見ている投手ですが、全試合を中継ぎで起用されていて、

左打者相手には対戦打数が少ないものの打率.207と抑えているので

すが、右打者には.316とかなり打ち込まれています。左投手にも関

わらず右投手相手の登板や対戦打数多かったのですが、これは相対

的にドミニカリーグの打者は右利きが多かったからなのでしょうか?

与四球の数がかなり多いのですが、こちらは右左の差はなく単にコン

トロールに難があるというだけのようで、暴投も6つ記録しています。

 

 

打者として見た場合は、左打ちという事もあり右投手相手に起用さ

れるケースが多かったのですが、右投手相手の打率が.193に対して

左投手相手には.206と左投手の方をよく打つという監督泣かせ?の

選手でした。といっても数字に差はほとんどないのですが。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 野球 , , , , ,