PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

中日がジョーダン・ノルベルトを獲得。過去の投手成績は?

   

Pocket

中日ドラゴンズがジョーダン・ノルベルト投手を獲得しました。

ジョーダン・ノルベルト投手はドミニカ出身で1986年12月8日

生まれの28歳。左投げ左打ちでアメリカでは主に中継ぎを務めて

いました。

広告

ジョーダン・ノルベルトのアメリカ時代の成績は?

ジョーダン・ノルベルトはマイナー時代にどれだけの成績を

残していたのでしょうか?

ジョーダン・ノルベルトは19歳の時にルーキーリーグからキャリア

をスタートさせていて、23歳の若さでアリゾナ・ダイヤモンドバッ

クスに昇格しています。

その後は2012年までオークランド・アスレチックスでメジャー入り

していましたが、2013年以降はメジャー入りがありません。

マイナー時代の成績はどうだったのか?

——–          試合   勝   敗   防御率   奪三振率   与四球率

Rk (1年)          16       3      2      3.08        7.58           4.74
A (2年)            52     11    14      5.29        9.71           4.50
A+ (1年)         29       4      1      1.60        11.8           4.40
AA (1年)         19       0      2      7.88       11.25           6.75
AAA (5年)     105     10      6      4.37         9.94           5.78
計                 221     28    25      4.48        9.73            5.00

マイナーでは9年で221試合に登板しています。全体的な印象では奪三振率

は高いものの、与四球率もかなり高いですね。被安打が9イニングあたり8.6

1本なので四球の数を2割でも減らせば、防御率はもっとよくなると思います。

ルーキーだった年から9年経っていますが、それぞれのクラスの成績を見る限

りでは、全体的な傾向はデビューから9年経っても変わっていないようです。

広告

では、メジャーでの成績は?

——–          試合   勝   敗   防御率   奪三振率   与四球率

MLB                78      4      3       3.99        7.41            5.81

メジャー3年間での成績ですが、マイナー時代の特徴だった奪三振率が

やや低くなっています。そして与四球率はさらに悪化して5.81となって

います。やはりAAAとメジャーとの差を感じる成績になっています。

もちろん、AAA時代も与四球率は悪いのですが、ジョーダン・ノルベルト

の特徴ともいえる三振が奪えないというのはやはり厳しいです。

防御率は3.99となっており、マイナー時代と比較するとまあいい数字なの

ですが、被安打が9イニングあたり6.95本とマイナー時代よりもいい数字

を残しているのですが・・・理由はなんとも言えませんがおそらく飛んだ打

球がたまたま野手に近いところに飛んだか、守備範囲の広いチームに助けら

れたのかもしれません。

ただし、メジャー最後の年が39試合の登板で防御率2.77となっており、以前

の2年間のメジャーでの防御率が2010年が5.85、2011年が8.10という事を

考えると2012年の防御率2.77という数字はある程度は実力とも取れなくはあ

りません。

その後、メジャーに昇格できなかったのは、ケガもあったり薬物違反でペナル

ティを受けたりがあったので、もし2012年の実力を本物と考えた場合、その

実力を中日で取り戻すことができるのかが問題になってきます。中日としては

やはり奪三振率の高さを評価して獲得したのでしょう。

広告

 - 野球 , , ,