PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

立憲民主党,意味は?支持率や世論調査は?民進党リベラル取り込みへ。

      2017/10/03

Pocket
LINEで送る

枝野幸男氏が立憲民主党を結成したのですが、誰が参加し誰が参加し

ないのかについては予測が難しいところがあります。

 

立憲民主党の今後は?

枝野幸男氏が結成する事となった立憲民主党ですが、どのような党となる

のでしょうか?枝野幸男氏日本の国民の生活の安心、立憲主義、民主主義、

自由な社会、を守るために立憲民主党を結成することしています。

 

略称は「民主党」となるとしており

 

支持率や世論調査の結果は当然まだ出てはいませんが、NHKの10月2日

の調査では自民党が30.8%、民進党が3.9%、公明党が3.8%、共産党が

3.3%、日本維新の会が1.0%、希望の党が5.4%、自由党が0.3%、社民

が0.6%で「特に支持している政党はない」が40.4%となっていていま

た。希望の党が5.4%で民進党の3.9%という事は希望の党に移らなか

人たちへの支持が3.9%と言う見方も多少はできるかもしれません。

 

広告

元民進党の議員が希望の党に行ったもの立憲民主党から出たいとした場合

の対応については

私はこれまで民主党の中で、同じ綱領の下で、共通する理念・政策の方

向性の下で、この総選挙に向けて準備をしてきた仲間であるならば、私

が今日お呼びかけをしたお呼びかけにもとづいて一緒に戦える仲間だと

思っておりますので。 そうした方から一緒にやりたいという声があれば、

どなたであれ、排除することなく、ともに戦わせていただきたいと思っ

ています。

以上。ログミーソース。

 

とりあえずは排除しないという事なのですが、このあたりは希望の党との違い

を鮮明にしたものと思われます。

広告

誰が参加し誰が参加しないのか?

立憲民主党の参加不参加についてですが、参加の可能性がある議員は長妻昭

氏や赤松広隆氏、阿部知子氏、菅直人氏らが参加する予定となっています。

 

菅直人氏は

菅氏は「『間近に迫った衆議院選挙を一緒に戦っていこうという人は、ぜひ

集まってほしい』という呼びかけがあった。私はその呼びかけに応えて、『

立憲民主党』に参加することを決意した」と述べ、衆議院選挙に向けて、枝

野氏が結成する新党に参加したいという考えを明らかにしました。

以上。NHKソース。

 

として立憲民主党に参加する気満々のようすでした。果たして受け入れてもらえ

るのでしょうか?

 

一方では岡田克也氏は希望の党にも立憲民主党にも参加はしないとしており

ます。岡田克也氏は

希望の党とは安全保障や消費税に関する考え方が違うと説明。立憲民主党

については「リベラル派が入ると聞くが、やや政策的にぴったりしない」

と述べた。 同時に、希望とは安倍政権打倒という目的を共有していると

して「敵対するつもりはない」と語った。

以上。産経新聞ソース。

 

としてどうやらどちらの党とも政策的な一致が難しいと判断したようです。

岡田克也氏に関していえば十分な地盤があるわけですから、別に今どこの党

に入るとかを決めなくても選挙では十分に勝算があるので、そのあたり自信

があるのでしょう。

 

野田佳彦氏も両新党とも参加はせず無所属で戦う意向で、

野田佳彦前首相は2日、千葉市内で「(衆院選に)無所属で自民党に挑む

」と記者団に述べた。民進党が事実上分裂している状況を踏まえ「希望の

党に入る仲間も、入らなかった人も同志として付き合ってきた。一人ひと

りを応援するため、自分は無所属の方が動きやすい」と説明した。

以上。日本経済新聞ソース。

 

としてこちらも決意のほどを述べております。あとは安住淳氏と江田憲司氏

もそれぞれ無所属で出馬する考えを示しており、希望の党から外れた人たち

すべてが立憲民主党に合流するわけではないようです。そう考えると以前よ

り民進党は保守とリベラルが混同していると言われてきましたが、やはりと

言ったところかもしれません。

 

安住淳氏は宮城5区選出ですが、2012年と2014年の衆議院選挙の結果は、2

012年が次点に得票率30.2%差で2014年は次点に得票率28%差という大差

で勝利しているので余裕でしょう。宮崎5区は小選挙区制導入以降はすべて

安住淳氏が当選しています。

 

野田佳彦氏も安住淳氏同様に千葉4区では2012年と2014年の衆議院選挙で

は2回とも20%以上の得票率差で当選しており、こちらも余裕とも取れるの

ですが2014年に関しては得票率が51.7%と50%をやや上回っている程度な

のでやや自信を持つには心細いかもしれません。

 

江田憲司氏も2012年と2014年の衆議院選挙では約30%近い得票率差で当選

しておりこちらも余裕でしょう。こう考えると無所属で戦える人たちは得票

率が50%を超えていて、尚且つ次点との差が20%以上の差を着けている人で

ないと無所属での当選はきついものがあるかもしれません。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 政治 , , ,