PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

募金箱の金額を増やす方法。チャリティーの起源や意味・英語では?

   

Pocket
LINEで送る

世界中で行われている募金活動ですが、ちょっとした工夫で募金額を

大きく増やす方法があるとしています。

 

募金を増やす方法があった?

ある方法を試す事で募金の額を増やす方法があるというのです。それ

もあるものを張り付けるだけというのですが、本当にそのようなやり

方で募金額を増やす事は可能なのでしょうか?

広告

そのあるものを張り付けるというやり方ですが、そのあるものとは「

目玉のステッカー」だそうで、目玉のステッカーを貼り付けるだけで

通常の募金箱に比べて48%も寄付をする人が増えたというのです。

 

実験としてイングランド北部にあるスーパー店舗に、店のロゴマーク

と慈善団体の名前が入った白いプラスチック製の募金箱を置いて行わ

れました。そして募金箱に目玉シールを貼り付けたのですが・・・。

まず最初に置かれた何の変哲も無い募金箱の場合は、1000人当た

り5.48ポンド(約800円)を集めたに過ぎませんでした。ところが、

目玉シールを貼り付けたあとでは、それが1000人あたり6.69ポン

ドに増加したとのこと。傾向としては、スーパーが混み合っている

時間帯においては目玉付き募金箱は通常の3割増し程度の募金ペー

スだったものの、どちらかというと閑散とした時間帯には6割増し

のペースでお金が集まっていったとのことです。

以上。Engadget 日本版ソース。

 

という結果が出たというのです。これだけの実験なので果たして効果

が本当にあると断定するわけにはいかないのですが、それでもこのス

ーパーに関しては目玉の効果があったという事なのでしょう。「見ら

れている」という感覚が募金を促してしまうの出はという見方がある

のですが、では他のステッカーだったらという疑問も出てきます。

広告

チャリティーの起源は?

募金と言えばチャリティーを思い起こさせるのですが、そもそもチャ

リティーの起源はいつどこで起きたのでしょうか?チャリティーとい

う言葉の語源は、カリタス(Caritas)という「慈善」という意味のラテ

ン語だとしており、キリスト教では収入の25~35%を貧民のために用

いることが定められているとされています。本当に全キリスト教者が

行っているのかどうかはわかりませんが。

 

日本で行われたチャリティーとしては1947年、「赤い羽根募金」の名

行われた「第1回共同募金運動」とされています。

豆腐1丁が1円、労働者の1ヵ月の平均賃金が2000円と、現在と比

物価が100分の1以下だった当時。この共同募金で5億9千万円

・現在の物価に直すと、何と1500億円ものお金が集められ、数十

万人にも及んだ戦争孤児の育成金に当てられたといいます。

以上。テレビ朝日ソース。

 

海外ではチャリティーが定着しているという話が出てきますが、これ

は宗教的な一面があるからなのかもしれません。日本のように宗教的

な側面が薄い国だとなかなかチャリティーの動きは広まりにくい側面

もあるようですが、立場関係なく自然に募金ができる環境が一番で、

気軽にできるようになれれば理想と言えそうです。

 

くれぐれも募金詐欺には気を付けたいところですが・・・。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 便利, 芸能