PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ビートたけし離婚で元嫁(妻)と子供(息子)に財産。再婚は?

   

Pocket

ビートたけしの離婚も驚きのニュースではありますが、それと同じぐ

らいにビートたけしの今後も気になる所ではあります。

 

不穏ながら離婚が成立。

とうとうビートたけしが離婚をしました。元妻である幹子さんは文面で

取材には応じないとしているのですが、この離婚までの流れにはやはり

いろいろと山や谷がありました。

 

現在たけしとともにいるA子氏は父親が九州の元県議という家柄の人物

で、関西の有名ホテルでスーパーバイザーの経験や銀座のホステスを務

めていたともされています。そのA子氏について

「才色兼備のやり手。推定で年10億円以上とされるたけしさんの

稼ぎは幹子さんや長男が管理していたのですが、A子さんの元へと

移り、それが昨年3月のオフィス北野からの独立と新会社『T.N

ゴン』設立につながっていく。今回の離婚劇は公私ともにパートナ

ーとなったA子さんが、愛人関係ではなく、結婚を望んだことが大

きいでしょう」

以上。日刊ゲンダイソース。

 

離婚の慰謝料は100億とも200億とも言われていますが、真相はとも

かくA子氏との再婚についてはビートたけしの関係者とされる人物が

「再婚については、まったく何の予定もありません」と否定しており、

今のところ即再婚とはいかないようです。ただ幹子前夫人はかつて取

材で「その人(A子さん)が自分の思ういい展開になると思ってるん

じゃないですか」と答えていた事があり、何となく今回の離婚に繋が

る様な発言をしており、A子氏が思ういい展開とはやはり再婚という

事になるのでしょうか?

 

たけしは今まで通りに稼ぐのは厳しいか。

離婚が成立し仮に財産が前妻に渡ったとするならば、ビートたけしは

1からのスタートとなるようなのですが、多少は財産が残っていてい

ると思われる一方で今後はこれまでのような稼ぎを維持するのは難し

いと見られています。

「最近はギャラをめぐって、テレビ局と“銭闘”を繰り広げるように

なりました。長年付き合いのあるメディアとも、ギャラの取り分な

どをめぐって一悶着があったのです。昨今はどのメディアも台所事

情は厳しいのは同じで、高額なギャラはむしろ下げたいぐらいです

から」

以上。夕刊フジソース。

 

とギャラに関する交渉でうまくいかない状況が発生しているようです。

ビートたけしがこういうギャラに関して交渉を持ち掛けてくるのは、

やはり離婚で財産を失った事と見られ1からやり直しになったという

のが理由だとしています。

 

ビートたけしがギャラに執着するもう1つの理由としては映画への

意欲とも見られているのですが、かつてのようにビートたけしが以

前のような需要を見込まれているとは思えず、今後も大きな活躍が

期待できないと見られている現状で、ビートたけしはどのような人

生を送るのでしょうか?

広告

 - 芸能