PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ベッキーが今度はCMでトラブルか?かぼちゃの馬車で賃料が支払われず。

      2018/02/22

Pocket

徐々にテレビでの露出を増やしつつあるベッキーですが、今度はCMでト

ラブルが起きているようです。何があったのでしょうか?

 

ベッキーに新たなる問題が?

なかなか悪いイメージから脱却できないベッキーですが、また別のスキャン

ダルが浮上してきました。といっても不倫ではなく今後はあるメーカーの広

告塔になったのですが、その広告先に問題が発生しているのです。

広告

ベッキーがCM出演したのは女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」という

ものなのですが、どうもオーナーへの不払い問題が起きているというのです。

 

運営するスマートデイズは、オーナーに物件を建てさせたうえでサブリース

契約を結んで安定した収入を得られるとしていたようなのですが、現状は入

居率が50%を下回っているそうでしかもスマートデイズは賃料を払っていな

いとしており出資した大家たちは億単位の借金を背負っているというのです

が・・・。

「社長がテレビで見込みの見誤りと言っていましたが、シェアハウスは

持ち家を改装してなんとか採算がとれる程度。手間がかかる割にトラブ

ルも多く、あまり成功事例がありません。しかも、運営会社の実質経営

者がアダルトビデオ店のフランチャイズを運営し、途中で頓挫した過去

があります。(中略)そんな危ない企業だということはちょっと調べれ

ばわかるのに、よく大手芸能事務所が出演をOKしたなと思っていまし

た」(不動産業者)

以上。日刊ゲンダイソース。

 

事務所としては何とかベッキーに再起してほしいと躍起になっていたはずで

すが、どうやら完全に勇み足となってしまったようです。ベッキーは出川哲

朗に続きまたしても広告塔である種の「被害」を被ってしまったといえるの

でしょうか?

広告

オーナーは「死ぬぐらいなら戦う」と。

現在被害にあっているとされるオーナー側は、スマートデイズに対する責

任を求める一方ではスルガ銀行に対する不信感が一番強いようです。とい

うのはかぼちゃの馬車の融資はスルガ銀行の特定の支店が一手に引き受け

ていたと見られており、今回のビジネスモデルはスルガ銀行主体という見

方がされています。

「今回の事案で相手にすべきなのは、最も公的なインフラであるスルガ

銀行」と強調し、「スマートデイズの行為は債務不履行にあたるので、

彼らを相手取って裁判を起こせば勝てる可能性は高い。ただ、勝つこと

にどれだけの意味があるのか。計画倒産を考えている相手なので当然、

差し押さえを回避するスキームは組み込んでいるはず」

以上。楽待ソース。

 

いままでのサブリースにおける問題点は、経済情勢の変化によって周辺の

賃料相場が下がる事により保証賃料が減額されるという構図だったのが今

回のスマートデイズに関しては相場に変化はなかったとしてビジネスモデ

ル自体の問題としています。しかもサブリース賃料減額ではなく「支払い

停止」というのでこれでは計画倒産を疑われても仕方がない結果となって

います。

 

コインチェックの問題もそうですが、こちらもかなり闇が深そうです。

広告

 - 事件, 芸能 , ,