PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ベッキーの今、復帰はいばらの道?金スマ後の対応も事務所には誤算。

      2016/09/13

Pocket

現在のベッキーですが、どうも本格的なテレビ復帰とはいかない

ようで前途多難な今後が予想されます。

 

ベッキーに仕事がなかなか来ない・・・。

正式にテレビ復帰を果たしたベッキーですが、その後はどうも鳴かず

飛ばずのようで、なかなか仕事が来ないようなのです。インスタグラ

ムも再開してさぁこれからという時に出鼻をくじかれた格好となった

のですが、いったいベッキーに何があったのでしょうか?

「それでギャラを下げるとか、売り込みを掛けているのですが、一

方で不倫についてはしゃべらない、触れるなの条件付きなのが不評

なんです。不倫については口をつぐむという取り決めがあるのでし

ょうけど、ネット住民の反感はまだ相当ですし、ベッキーははっき

り言って、もう過去の人になりつつある。このままでは、消え去る

ことになるでしょうね」(ワイドショーデスク)

以上。日刊ゲンダイソース。

広告

そうですね・・・もはやベッキーは清純タレントとしての活動は

叶わないわけで、当然テレビがベッキーに求めるものは「不倫ネ

タ」なのでしょうが、それがNGとなると局としてもどうベッキー

を起用したらいいかわからない・・・というのが現状なのでしょう。

「コメント力があり、番組回しも上手いベッキーは使い勝手がよ

く、企画段階でやはり名前は挙 がります。ですが、今でも出演の

噂が報じられるだけで局には反対の声が寄せられ、また正直、余

人を以て代え難いほどのタレントではない。ギャラ面でも彼女が

ゴールデンのレギュラー1本80万~120万円かかるところ、産休

から復帰したSHELLYなどは20万~30万円に抑えられるのです」

以上。デイリー新潮ソース。

 

ギャラを下げてまでテレビ出演の交渉をしているベッキーですが、

ベッキーがレギュラー1本80万~120万円のところSHELLYなどは

20万~30万円では、いくらベッキーが仕事が無いと言ってもは20

万~30万円まで下げる交渉と言うのは本人にとってはつらい事実

でしょう。しかし現地点ではこれが現状のようです。

 

しかも仕事がないのとは別に、金スマ出演で他局に事後報告という

流れも完全な“裏切り”行為と取られ今も尾を引いている状態です。

広告

ベッキーの余波は当然サンミュージックにも。

ベッキーといえば以前はサンミュージックの稼ぎ頭で、酒井法子の

違約金も一部はベッキーの頑張りにより支払う事もできていたよう

ですが、現在はそのベッキーの違約金を支払う能力のあるタレント

がいない事が問題視されています。サンミュージックの現状として、

「CM降板で生じた5億円ともいわれる違約金については、ベッキ

ーが『自分で払いたい』と言い張り、神奈川県内の自宅を担保に

借金をして返済に充てました。もっとも、見込まれていた営業収

入がなくなったわけですから事務所の経営は深刻です。昨冬まで

社員にはひと月分のボーナスが支給されていたところ、今夏はゼ

ロになってしまったというのです」(芸能関係者)

以上。デイリー新潮ソース。

 

決して自宅を担保にしからいいという事ではなく、これまでのベッキ

ーの稼ぎが今後期待できない上に、そこから借金返済とはいかない事

情もサンミュージックを苦しめる要因となっています。

広告

 - 芸能 , , ,