PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

ベッキーが週刊文春に手紙。川谷への気持ちがないとして復帰準備か?

      2016/09/12

Pocket

ベッキーが週刊文春宛てに書いた手紙をサン・ミュージックの社長が

自ら渡していたとする問題で、ベッキーとしては早々にこの問題を解

決し芸能界復帰を模索意図が見え隠れするのですが・・・。

 

ベッキーが文春に書いた手紙の内容。

ベッキーが週刊文春宛てに書いたとされる手紙の内容ですが、1つ目にベ

ッキーは川谷の奥さんに謝罪したい気持ちがあるのですが奥さん側から

は「川谷を交える」事が条件のようで、ベッキーとしては1対1での話し

合いを望んでいるので現地点でベッキーは川谷の奥さんへの謝罪が実現

できていないと言う点が書かれています。

 

ベッキーはなぜ「川谷を交える」事を拒否しているかと言えば、ベッキー

曰くもう川谷とはかかわりがないからという?な理由を述べています。

もしかしたら文春に詳しく載っているのでしょうか?

 

2つ目に川谷との不倫に関しては、ベッキーは当初川谷が結婚している事を

知らずに後でその事を知ったと書かれています。これは、以前より言われて

いた事ではあります。その上で実際は恋愛関係だったとして、当時の自分自

身は川谷の事が好きという気持ちが大きい故に周りがみえず、愚かだったと

ベッキーは振り返っています。

 

3つ目に、ベッキーは現地点で川谷とは連絡をとっておらず川谷への気持ちは

冷めたとした上で、週刊文春で奥さんの気持ちを理解し、気持ちの整理がつい

たとしています。

 

文春は今回の内容を6ページにわたって特集しており、いまだに奥さんへの謝罪

が実現していない現状を考えると今後もひと波乱あるのかもしれません。

広告

今回のベッキーの文春への手紙は芸能界復帰への足掛かりか?

今回のベッキーの手紙ですが、これを週刊文春へ宛てた理由は芸能界復帰のた

めだとしています。しかしサン・ミュージックの関係者は復帰時期は未定とし

ていて芸能リポーターは、

「手紙は世間の反応を見るためのアドバルーンかもしれませんが、なぜこ

のタイミングなのか。わざわざ文春に手紙を書く必要はあったのかと、あ

ざとく受け取る人もいるはずです」(芸能リポーター)

以上。日刊ゲンダイソース。

 

としているのですが、芸能リポーターの井上公造氏はベッキーの復帰について

事務所が文芸春秋社に持ち込んだことに対して、事務所のベッキーへの愛を感

じたとして復帰の時期を「早ければ来月」と5月の復帰を示唆していました。

今の状態から5月復帰というのはにわかに信じがたいのですが、井上氏は取材

をした上での結論のようで、何かしらの根拠があるのでしょう。

 

ただネット上では、現地点でのベッキーの釈明はあの会見で最後となっている

ので、「友達ではなかったのか」という声も聞かれています。少なくとも復帰

の条件としては、本人の記者会見は必要なはずなのでどこかのタイミングで記

者会見をするのだろうと思うのですが、その前に週刊文春側に手紙というある

種の「ネタ」を送り込んだことはどう解釈すればいいのでしょうか?

広告

 - 芸能 , , ,