PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

笠原将生投手と松本竜也投手が野球賭博に関与。暴力団との繋がりは?

   

Pocket

日本野球機構は21日5日に発覚した野球賭博問題で中間発表として新たに、

笠原将生(かさはら しょうき)投手と松本竜也(まつもと りゅうや)の

2名があらたに野球賭博をしていたと発表しました。

笠原将生投手は5日の段階では、球団の事情聴取にて同僚の笠原将生投手から紹介された

事を話しています。笠原将生投手と税理士法人勤務の男性は麻雀仲間だといい、笠原投手

本人は野球賭博については行っていないと話していましたが、今回野球賭博に関わって

いたという事は5日に笠原将生が行った説明は虚偽という事になります。

AD

新たに名前が出た松本竜也はどんな人物か?

松本竜也(まつもと りゅうや)

1993年4月29日生まれ。22歳

身長は193cmの長身で体重は90㎏

香川県高松市にある英明高等学校出身。当時は高身長から「英明のランディ・ジョンソン」と呼ばれ

読売ジャイアンツにドラフト1位で入団。その後骨折などのケガもあり球速が130km/h台と高校時代よ

り遅くなってしまいました。

1軍登板はなく2014年は2軍で16試合に登板、3勝10敗防御率5.13、2015年は9試合に登板、1勝で

防御率は4.50でした。

 

これは福田、笠原、両投手にもいえるのですが、こういった関連に手を出す選手の特徴として「主力選手

ではない」というのがあります。主力がこんな事をする意味はありません。お金が目的なら普通に野球を

した方が手っ取り早いからです。世界的にも八百長は賭博の類は控え選手やほとんど出番が少ない選手が

手を染めてしまう傾向が多いです。

 

母校の英明高等学校もショック

21日は午前中のテストだったそうですが、英明高等学校では今回の母校の英雄ともいえる松本竜也

投手の野球賭博には驚きの声が上がっています。

下校中の同校2年の男子生徒(16)は「学校にとって期待の星だった先輩が(野球賭博に)関わっ

ていたなんて夢にも思わなかった」と絶句した。

また、同校3年の女子生徒(17)は「野球部はいつも一生懸命練習しているのに…。みんなショッ

クだと思う」と話した。

以上、産経新聞ソース。

当然と言えば当然なのでしょうけど、生徒に聞かれても答えにくい部分はあるでしょうね・・・。

 

スマホが発覚のきっかけに。

今回の問題はスマートフォンに残っていたデータを解析していった結果とされています。

 

笠原投手は2014年4月頃から10月頃、A氏らとプロ野球約10試合に野球賭博を行っています。

さらに今年の8月頃、A氏と交際との交友で金品を授受しているとされています。そしてA氏とは別の

飲食店経営者・B氏とも昨年2014年4月頃から10月頃までに、プロ野球20試合程で賭けを行って

いる事がわかっています。

今年9月頃までB氏と交際があり、賭けマージャンや賭けゴルフを行っていたとされています。

松本竜也投手は2014年6月頃から10月頃までの間、笠原投手を介してプロ野球10数試合について、野球賭

博を行っていました。

ちなみにこのA氏とB氏が暴力団等の反社会的勢力との繋がりがあるかどうかは引き続き調査するという事です。

AD

 - 事件, 野球