PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

自動販売機の種類・設置場所数は?高さやサイズに基準は。

   

Pocket

日本には数多くの自動販売機が存在しており、人によっては「なぜ?」

と思うぐらいのかもしれませんが、日本の自動販売機の現状はどうな

っているのでしょうか?

 

日本の自動販売機。

日本社会において当然の事ながら自動販売機のない生活など考えられ

るはずはなく、一歩外に出ればそこら中にあり見かけない事自体があ

り得ないのではとも思われる自動販売機ですが、日本には自動販売機

はどれぐらい存在しているのでしょうか?

広告

以前語られた説では「アメリカよりも日本の方が多い」というのがあ

るのですが、数だけで見るのであれば自動販売機の数はアメリカが世

界一であり2012年では658万台が普及しているとされていますが、人

口や面積をという面で見た場合は、日本が世界一ではと見られていま

す。

 

自動販売機の起源についてですが、紀元前215年頃のにエジプト・ア

レキサンドリアなる寺院に設置された聖水自販機が最初とされていま

す。てこの原理を応用しており、投入された硬貨の重みで内部の受け

皿が傾くという仕掛けで、その傾きにより水が出てくるという作りだ

ったとしています。

 

日本では明治21年に俵谷高七という人物により箱入り商品を販売する

自販機が制作され、同じ年に特許出願され明治23年に特許を得ていま

す。

 

自動販売機の高さに関しては日本自動販売システム機械工業会の基準

だと1,830mmと2,007mmを規定しており、1,830mmが主流だそう

ですが、幅や奥行きについては特にきまりがあるとはないそうです。

 

 

このように自動販売機の歴史は古く現在に至るまでさまざまな進化

を遂げてきましたが、今後も形は変われど自動販売機がなくなる事

はないのでしょう。

広告

自動販売機の普及台数は?

では日本の自動販売機の普及台数はどのようになっているのでしょう

か?そこら中にある自動販売機ですが、どれぐらいの数があるかとな

ればなかなかピントの来ない人も多くいるかと思われます。

 

日本自動販売システム機械工業会の調査によれば次のような結果が出

ています。

普及台数(台) 前年比(%) 
2006(平18) 5,515,70098.8
2007(平19) 5,405,30098.0
2008(平20) 5,263,90097.4
2009(平21) 5,218,60099.1
2010(平22) 5,206,85099.8
2011(平23) 5,084,34097.6
2012(平24) 5,092,730100.2
2013(平25) 5,094,000100.0
2014(平26) 5,035,60098.9
2015(平27) 5,001,70099.3
2016(平28) 4,941,40098.8
2017(平29) 4,271,40086.4

 

日本の自動販売機の数に関しては一時期を除き減少傾向にあり、とく

に2017年に関しては約67万代も減少しています。過去には自販機ビ

ジネスなるものもありましたが、そのあたりのブームも落ち着いたか

らなのでしょうか?

 

機種中身商品例普及台数
(台)
前年比
(%)
飲料自動販売機清涼飲料2,130,000
牛乳133,500
コーヒー・ココア(カップ式)156,400
酒・ビール23,900
飲料小計2,443,80098.8
食品自動販売機インスタント麺・冷凍食品・アイスクリーム・菓子他71,900
たばこ自動販売機たばこ171,300
券類自動販売機乗車券14,700
食券・入場券他40,500
券類 小計55,200110.0
日用品雑貨自動販売機 カード、衛生用品、新聞、玩具他238,600
自動販売機合計2,980,80081.7
自動サービス機両替機64,600
自動精算機(駐車場・ホテル・病院他)156,000
その他(コインロッカー・各種貸出機他)1,070,000
自動サービス機小計1,290,60099.8
合 計4,271,40086.4

 

部門別ではこのような結果となっています。券売機の数が増えた以外

は全体的な数が減少という流れになっています。今後これらの数字は

どのような経過を辿るかはわかりませんが、高齢化社会という現状を

見据えた場合は別の分野の自動販売機が登場し、数が増えていくこと

も予想されます。

広告

 - 便利