PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

嵐2017年はドラマが課題?コンサート・アルバムは好調。

      2017/01/07


嵐主演のドラマの視聴率がよくないようです。ジャニーズとしてはSM

APの後釜としてある意味課題とも言えるドラマで嵐をアピールしたい

ところですが・・・。

 

櫻井翔主演のドラマが不調。

嵐・櫻井翔(34)主演の新春ドラマ『君に捧げるエンブレム』(フジテ

レビ系)の視聴率が8.4&だったという事です。ポストSMAPとの呼び声

が高い嵐のメンバーのドラマだっただけに落胆は大きいかもしれません。

広告

櫻井翔演じる鷹匠和也は元々サッカー選手だったものの突然の事故で、

車椅子生活を余儀なくされるも車椅子バスケットと出会い再起をはか

るというものなのですが・・・。

「要所要所で、障害者や車イスバスケにまつわる現実問題が“重い”。

昨年1月期の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてし

まう』(フジテレビ系)みたいに暗い気持ちになる。障害をモチー

フにした感動演出も、一部で指摘されているようにまるで夏の24時

間テレビのよう。季節外れ感が否めず、元旦から積極的に観たいと

思えるドラマではない。そこが賛否の分かれ目になったのでは」(

報道関係者)

以上。デイリーニュースオンラインソース。

 

となると季節さえ間違わなければとも考えられるのですが、今のフジ

テレビだと何をしても裏目にでてしまいそうな感じで、果たして夏に

このドラマを放送していたとしても果たしてどれほどの視聴率を獲得

できていたのか・・・。

 

それともう一つ指摘されているのが櫻井翔の「演技と体型」だそうで、

演技はともかく体型に関して「サッカー選手、車椅子バスケ選手とは

思えぬデブさ」という見も蓋もない評価をされてしまったのですが、

これで果たしてSMAPに次ぐ国民的アイドルになれるのでしょうか?

広告

藤島ジュリー景子氏の威信を賭けた2017年。

ご存じの通り嵐は藤島ジュリー景子氏の派閥ですが、SMAPが解散し

た以上は何としても嵐を次の国民的アイドルにしなければなりません。

そのスタートとなる2017年はなんとしてもいいスタートを切りたかっ

たのですが・・・。

(前略)嵐は藤島ジュリー景子氏(50)の一派。躍進を印象づける

ことで、ジャニーズ事務所内外に“ジャニー喜多川(85)・メリー喜

多川(90)体制”から藤島氏への政権交代を推進したい思いもあるで

しょう。だから“SMAP解散以後”にあたる2017年の嵐の成功は不可

欠なんです。誰か一人でも大当たりしてほしいはず」

以上。デイリーニュースオンラインソース。

 

嵐はこれまで相葉雅紀の『グッと! スポーツ』、櫻井翔の『櫻井・

有吉THE夜会』、二宮和也、『ニノさん』、嵐メンバーの『VS嵐』

と言ったスポーツ・バラエティにおいてはハズレがなく、これらの

ジャンルでは無敵の状態で、それだけにドラマで羽ばたいてほしい

というのがジャニーズ側の本音なのですが・・・・。

広告

 - 芸能 , , ,