PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

青島健太氏が埼玉県知事選挙に自民党で出馬か。元野球選手で白髪が特徴。

      2019/06/07

Pocket
LINEで送る

テレビでお馴染みの元プロ野球選手でコメンテーターの青島健太氏が

対玉県知事選挙に出馬する可能性が出てきました。

 

青島健太氏が出馬か。

8月25日投開票となっている埼玉県知事選で自民党県連は、元プロ野球

選手での青島健太氏(61)に立候補を要請する方針を固めたとしてい

ます。現在4期目を務めている上田清司知事は5選をめざすかどうかにつ

いては

わかっていません。

広告

2015年に自民党県連は、前回の埼玉県知事選挙で心臓外科医の天野篤

氏の擁立を模索したしたものの実現せず、無所属で立候補した元総務

官僚を自民党県連が独自に支援したものの、この時は上田清司知事に

敗れています。

青島氏の関係者は「今の段階でお話しできることはないが、探求心

が旺盛なので政治にもある程度は注目している」とし、東京五輪・

パラリンピックの会場を抱える埼玉県政への興味を示唆した。

以上。スポーツ報知ソース。

広告

となんとなくですが、出馬に意欲があるかのような感じでもありますが、

自民県連幹部はサンケイスポーツの取材に、「知事選にお出になる覚

悟があるとは聞いています」と証言。受諾を期待した。

以上。サンケイスポーツソース。

 

という話もありある程度は話が決まっている可能性はあります。

 

元プロ野球選手が政界へ転身した例としては、阪神などでプレーし、ス

ポーツ平和党などか参議院議員を務めた江本孟紀氏、元巨人で自民の元

参議院議員だった堀内恒夫氏、元近鉄で活躍した自民党の現参議院議員

の石井浩郎氏らがいるものの、プロ野球選手という枠に留まらず、プロ

スポーツ選手で都道府県知事に就いた人はまだいないとみられる見られ

ています。

 

青島健太氏は1958年4月7日生まれの新潟県新潟市出身。新潟市にい

たのは5歳までで、当時は会社から帰宅した父親と近くの海に泳ぎに

行ったと話しています。父は酒を飲んで暴れるということがあった

としながらも、高校や大学で野球の試合を見に来たことがあったと

しています。父親は2017年の夏に86歳で逝去しており、青島健太

氏は父とは会話の少ない難しい関係だったと振り返っています。

 

1984年にドラフト外でヤクルトに入団。1985年5月11日の対阪神戦

でヤクルトでは初となる公式戦初打席初本塁打を打つものの、1989

年に現役を引退しています。通算成績は96試合出場で打率が.183本

塁打2本打点5、守備は内野で三塁手、遊撃手、二塁手を守っていました。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 政治, 野球