PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

安藤優子、視聴率低迷で新番組を降板か?夫の人事異動も影響?

      2015/11/22

Pocket

フジテレビで4月改編の中心的存在の番組「直撃LIVEグッディ!」の視聴率が低迷し

ています。「スーパーニュース」のMCを務めた安藤優子氏をキャスターに起用する

など大きな改編に乗り出したものの、視聴率が1%と低迷しており、以前より安藤優

子氏が番組を降板するのではとささやかれています。この時間帯では圧倒的視聴率を

誇り、打倒『情報ライブ ミヤネ屋』のとして期待されていたものの、蓋を開けてみれ

ば現在のところ、全くの期待外れに終わっています。

 

そんな中、情報制作局の局長であり夫の堤康一氏が6月の人事異動でフジテレビが100%

出資する子会社の制作プロダクション「ネクステップ」の代表取締役社長に就任すること

が決まっています。

 

広告

堤康一氏とはどんな人物なのか?

yjimage

1958年生まれで、

宮城県仙台市出身。実家は呉服商を営む。
1982年 – 慶應義塾大学文学部卒業後、フジテレビジョン入社。報道局に配属され、記者、

『FNNスーパータイム』ディレクターを歴任。
1995年 – 『めざましテレビ』でプロデューサー就任。大きく視聴率を伸ばし、10%台の

数字を叩き出す下地を作り上げる。
1998年 – 『報道2001』のプロデューサーに就任。
1999年 – 当時低視聴率にあえいでいた『スーパーニュース』第一部(関東ローカル枠)

のプロデューサーに就任。お天気ネタやいわゆる「ヒマネタ」を重視した軟派路線で視聴

率を回復。2000年4月チーフプロデューサー就任後は、八木亜希子を降板させ、替わりに

当時自らと不倫関係にあった安藤優子を招聘。『スーパーニュース』の「ワイドショー化」を推し進める。

ニュース番組のみならず、選挙特別番組やドキュメンタリー番組などのプロデュースにも

携わる。ドラマ制作部や外部プロダクションとのコラボレーション等で、「フィクション」と「ノンフィクション」を融合させた番組作りに積極的である。

wikiより。

 

お互いが不倫に関わる結婚をしていて・・・。

そして、2006年に再婚したものの、安藤優子氏との交際は1996年頃で、当時から報道局内

でも公然の秘密とされていたようで、堤康一氏には妻子もいたためにいわゆる不倫関係でも

あったという事になります。一方の安藤優子氏は、1989年12月23日に当時広告代理店勤務の

男性と結婚していたものの(これも不倫)、1993年3月に離婚しその後は上記の通り、今の夫

の堤康一氏と結婚し今に至ります。

 

フジテレビ側は「社長として迎えられるのだから左遷とはいえない」という事ですが、今回の

移動先である「ネクステップ」はバラエティ番組を制作するところらしいので、これまでの

堤康一氏が得意としてきた報道・情報の分野ではないだけに何とも言えない移動劇ではありま

す。

安藤優子氏に対しては“視聴率がイマイチでもギャラが高くても安藤さんが安泰なのはダンナ

の存在があるから”と言われていたようですが、これからも「直撃LIVEグッディ!」の視聴率

が低迷するようですと、夫の存在がこれまで安藤優子氏を支えてきたというのが真実として認

識されかねませんので、安藤優子氏としてもふんばりどころです。

広告

 - 芸能 , , , ,